ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鷺沢文香「事務所での……」森久保乃々「静かな……」高峯のあ「日常……」

1: ◆jCuNTsyVe2Xz 2015/11/07(土) 22:47:56.85 ID:bpgDzFFMO

※キャラ崩壊かも?





─事務所─

文香「……」ペラッ ←ソファーに座って読書

鷺沢文香(19)


乃々「……」 ←机の下でじっとしてる

森久保乃々(14)


のあ「……」 ←ソファーに座ってじっとしてる

高峯のあ(24)


文香「……」ペラッ

乃々「……」

のあ「……」


スポンサーサイト

十時愛梨「私達」水野翠「天然なんかじゃ」水本ゆかり「ありません」

2: ◆jCuNTsyVe2Xz 2015/11/03(火) 00:06:06.77 ID:p1mOYi1VO

十時愛梨(※以下愛梨表記)「ふぅ……やっと事務所に着いた~」

十時愛梨(18)


愛梨「あれ~? まだかな子ちゃんとの約束まで時間あるなぁ。ちょっと早く来すぎちゃった……あそこのオープンテラスで少し休憩しようっと」トテトテ



翠「いつきさんと自主レッスンをする約束で事務所に集合しましたが、随分早く着いてしまいました……あそこのオープンテラスで休んでいきしょう」テクテク

水野翠(18)



ゆかり「ええと、有香ちゃんと法子ちゃんは……まだ着いていないみたいですね。あそこのオープンテラスで待っていましょう」トコトコ

水本ゆかり(15)



愛梨「あっ、翠ちゃん、ゆかりちゃん、おはよ~」

翠「愛梨さん、ゆかりちゃん、おはようございます」

ゆかり「はい、おはようございます。翠さん、愛梨さん」

愛梨「二人とも何してるんですか~?」

翠「私はいつきさんと約束があるんですけど、早く着いてしまったのでここで少し休んでいこうかと」

ゆかり「私も法子ちゃんと有香ちゃんを待っていて、同じくここで休憩しようと思いまして」

愛梨「そうなんだ~。私もかな子ちゃんと約束があるんだけど早く着いちゃって……良かったらそこの席で三人で一緒に座りましょう~?」

翠「はい、それでは」

ゆかり「私もご一緒させてもらいますね」

愛梨「うん」


佐久間まゆ「Pさんて、すごいですよねぇ」

1: ◆jCuNTsyVe2Xz 2015/10/31(土) 22:30:11.71 ID:EEHSw9cLO

モバP(※以下P表記)「どうしたんだ急に?」

まゆ「ほら、まゆ達のいる事務所って、とっても個性的な人がいっぱいいるじゃないですかぁ」

佐久間まゆ(16)


P「そうだな」

まゆ「それで、その中でも蘭子ちゃんてとっても個性的な喋り方をしますよね」

P「そうだな」

まゆ「その蘭子ちゃんと難なく普通にお話できるPさんは、やっぱりすごいなぁって……」


島村卯月「凛ちゃんて、胸があまり大きくないの気にしてるんですか?」

1: ◆jCuNTsyVe2Xz 2015/10/26(月) 20:43:15.44 ID:m10XqVAl0

凛「は? どうしたの急に」

渋谷凛(15)


卯月「ほら、私達も最近お仕事が増えてきたじゃないですか」

島村卯月(17)


凛「そうだね」

卯月「それでファンの人も増えてきて、良く言ってくれる人たちも大勢いますけど、悪く言う人もいますよね?」

凛「まぁ、そうだね」

卯月「特にインターネットだと悪い意見が多くて、例えば私の場合だと」

卯月「しりむらさんとかガンバリマスロボとか普通とか……」

卯月「もちろん、良く言ってくれる人の方が多いですけど、やっぱり気になっちゃって……」


モバP「クラリスのお悩み相談室」

1: ◆jCuNTsyVe2Xz 2015/10/17(土) 22:36:32.35 ID:JjzdHbaCO

※キャラ崩壊





モバP(※以下P表記)「というのを作ろうと思ってるんだけど、やってもらえるかな?」

クラリス「どうしたのですか、急に?」

クラリス(20)


P「ほら、うちのプロダクションには大勢のアイドルがいるだろ?」

クラリス「そうですね」

P「きっと職業柄、色んな悩みを抱えてる人も多いと思うんだ」

P「勿論、何かあれば俺にいつでも相談して欲しいとは言ってあるけど、やっぱり男相手に顔合わせて話すのもなかなか難しいんじゃないかと思ってさ」

クラリス「確かにそうかもしれませんね」


[ 2015/10/24 00:05 ] モバマス | TB(0) | CM(0)

佐竹美奈子「プロデューサーさんにもっとゴハンを食べさせてあげたいんだけど、どうしたら良いのかなー?」

1: ◆jCuNTsyVe2Xz 2015/09/01(火) 11:40:21.73 ID:ANuuZXk90

※キャラ崩壊

※方言間違い有りかも





横山奈緒(※以下奈緒表記)「どしたん、美奈子?」

横山奈緒(17)


美奈子「プロデューサーさんにもっとゴハンを食べさせたいなぁーって……」

佐竹美奈子(18)


奈緒「しょっちゅう作って食べさせてるやんか」

美奈子「あんなのじゃ全然足りないよーっ!」

美奈子「お弁当は絶対にこの指定の三段重ねの一つだけって決められちゃったし、普通に作る時も材料の量を指定されたりして」

美奈子「なんやかんやのらりくらりとかわされて量を少なくされちゃうし……」

美奈子「あんな普通の一人前みたいな量じゃ、プロデューサーさん忙しいし絶対にその内に痩せほそって倒れちゃうよ……」

奈緒「あー……確かにプロデューサーさん、ちょっと小食やなぁ」

美奈子「だから、もっとカロリーをとるためにゴハンを食べさせたいなぁーって思ってるんだけど、どうしたら良いのかなーって……」

奈緒「うーん……そうやなー……」


多田李衣菜「えへへ……来ちゃいました」

1: ◆jCuNTsyVe2Xz 2015/08/27(木) 10:43:34.86 ID:wwcrELns0

モバP(※以下P表記)「いや、来ちゃったって……」

李衣菜「え、えっと……こ、こんばんは? それともやっぱり、おはようございます?」

多田李衣菜(17)


P「え? あぁ、仕事じゃないしこんばんはで良いんじゃないか」

李衣菜「じ、じゃあこんばんは……」

P「はいこんばんは。で、もう日付も変わってるんだけど……」

李衣菜「終電で来たので……」

P「……取り敢えず、玄関で話してて誰かに見られてもあまり良くないしから入ろうか」

李衣菜「あっ、はい。お、お邪魔しまーす」

 バタン




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。