ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モバP「ガチれば出来ないことはない」



3: ◆RfwyoP3XQY 2013/11/11(月) 23:49:13.37 ID:y3jcfGHGo

巴「お……」

村上巴(13)


ありす「む…」

橘ありす(12)


みく「にゃー…」

前川みく(15)


友紀「ビールおいしー」プハー

姫川友紀(20)


ゲームセット!

巴「よっし!」グッ

ありす「あう…」

巴「来たでP! 遂にAクラス確定じゃ!」

P「おぉ、そうか。それはよかった」

P(何年ぶりだっけかなぁ…)

ちひろ「今調べましたけど…16年ぶりでした」

P「16年前って誰がいた時代だろう…」

ちひろ「えーっとこの方たちです」

P「うわ…凄いメンツだな」

巴「ほぉ…生まれてないウチでも知っとるわ」


モバP「月に向かって打て!」



3: ◆RfwyoP3XQY 2013/10/14(月) 10:51:37.81 ID:E1oHd7JEo

友紀「いやー、今年の甲子園は熱かったねぇ…。延岡の監督さんが良いキャラしてたよね本当に」ウンウン

姫川友紀(20)


巴「その話は何回目じゃ…」

村上巴(13)


アーニャ「ダー。流石に…聞き飽きました」

アナスタシア(15)


友紀「そう?それじゃあね――」

ありす「出来れば、キャッツと高校野球以外の話にしてくださいね」

橘ありす(12)


友紀「あぁ、U-18はアメリカには負けちゃったしねぇ…」

ありす「分かってるならわざわざ言わなくても…」


モバP「さぁ!野球の時間です!!」



3: ◆RfwyoP3XQY 2013/09/26(木) 23:56:30.03 ID:kK2Vq+ETo

P「お疲れ様で――」

友紀「~♪」

姫川友紀(20)


P「何してるんだ?」

巴「お、Pけ。何でも自分のトコの応援の練習をしてるらしいんじゃ」

村上巴(13)


P「そうなのか。でも、これって朝ドラの歌じゃないのか?」

ちひろ「あまちゃんは結構色々使われてるらしいですよ」

P「まぁ、確かによくよく聞いてみると応援歌に使い易いかもしれないしなぁ…」

ちひろ「北の国からもチャンステーマで使われますからね」

友紀「あ、Pさんだおはよー」

P「おはよう。今日は朝から元気だな」


モバP「野球の宴 逆襲のパリーグ」



3: ◆RfwyoP3XQY 2013/08/30(金) 10:30:47.97 ID:quhnlLAao

まゆ「それでは、これで終わります」

佐久間まゆ(16)


まゆ「皆のまゆでした。うふふ」ニコッ

ワーワー

ファンA「今、俺の方向いて笑ったよな?」

ファンB「いや、俺だろ?」

P「読モやってて少しは知名度あったとはいえ、プロデュースしてみるとそのポテンシャルに驚かされるなぁ…」

P(俺がプロデュースしていいのか迷うくらいに)

まゆ「うふふ…♪」

P(あと、気のせいかもしれないけどさっきから俺に笑いかけてる気が…)

P「ま、まぁ…気のせいだよな」


モバP「たまにはオフに野球でも」



1: ◆RfwyoP3XQY 2013/07/19(金) 17:40:00.68 ID:AYC3mooF0

モバマスSSです。

今回は誰かの所に行くという話ではありません。

ただ、友紀達が野球について話すだけです。

友紀「もうオールスターだねー…」

姫川友紀(20)


巴「そう言えば、そろそろじゃのぉ」

村上巴(13)


沙紀「そっすねぇ」

吉岡沙紀(17)


ありす「えぇ、全く残念でなりません」

橘ありす(12)


千奈美「まぁ、ルナエルは最後にキャッツから打ったからいいじゃない」

小室千奈美(19)


ありす「そうですけど…、出たかったってセリフを聞くと少し悲しいですね」

ちひろ「今日も野球の話をしてるみたいですね…」


モバP「あぁ、野球」



1: ◆RfwyoP3XQY 2013/07/13(土) 07:03:15.98 ID:lTVxJLn00

モバマスSSです。

巴「ふっふっふっふ…」

村上巴(13)


沙紀「と、巴ちゃん。笑い声が不気味っすよ」

吉岡沙紀(17)


巴「これが笑わずにおられるか。新セ界の神が来たんじゃ」

沙紀「あー、そうっすね。うちのピッチャーが高い所に投げるせいで…」

巴「まだ一試合しか出とらんから何とも言えんがのぉ」

沙紀「確かにそうっすねぇ…」

巴「だから、今日の試合がキーポイントになるんじゃ」

沙紀「そうっすね。今日は勝ちたいっすねぇ」

友紀「今年の助っ人外国人は当たりが多いからねー!」

姫川友紀(20)


千奈美「アタシの所のルナエルは膝を痛めてしまって心配だわ…」

小室千奈美(19)


P「…もうテレビの前で談義するのは慣れたよ」


モバP「野球を観よう」



1: ◆RfwyoP3XQY 2013/07/09(火) 00:44:56.74 ID:0YbkzUR20

モバマスSSです。

P「なんで仕事が休みのアイドルも事務所にいるんだ…?」

ありす「寮では、CSは映らないので途中で中継が切れてしまうんですよ」

橘ありす(12)


巴「そもそも、地上波じゃやってないんじゃ」

村上巴(13)


友紀「あはは、うちと戦う以外はテレビじゃやらないからねー」

姫川友紀(20)


P「テレビは一個しかないんだから取り合いは止めろよ。特に友紀は年上なんだからな」

友紀「まぁ、あたしはCSで見なくてもいいから別に取り合う気はないけどね」

ありす「なら、今は私が使わせて貰いますね」


モバP「野球好き」



1: ◆RfwyoP3XQY 2013/06/30(日) 21:12:54.31 ID:wHzoQeyo0

モバマスSSです。

P「なぁ、奈緒」

奈緒「なんだよPさん」

神谷奈緒(17)


P「仕事は順調か?」

奈緒「まぁ、大きなポカはしてないし、順調だと思うけど…」

P「そうか。そうか」

奈緒「ってか、そんなの聞かなくても分かってるだろ?」

P「うん。そうだな」

奈緒「…Pさん?」

P「クリスマスもやったし、京都行ったし色々やったな、奈緒」

奈緒「やったなぁ…」

P「よしっ!奈緒の家行くかっ!」

奈緒「うん…うん?」

P「えーと、クリスマスの資料と京都行った時の資料はここにあるから…。あ、あのゴシックドレスのやつも…」

奈緒「ちょ、ちょっと待った!いきなり何言ってんだよ!」

P「あぁ、ごめんごめん悪かった」

奈緒「全くいきなり驚かせること言うなよな」

P「奈緒」

奈緒「ん?」

P「近い内に家庭訪問するから親御さんに宜しくな」

奈緒「え、あ、うん」

P「それじゃ、よろしく」


モバP「野球と共に」



1: ◆RfwyoP3XQY 2013/06/21(金) 20:01:39.22 ID:fmpK820S0

モバマスSSです。

ちひろ「皆最近忙しいですねぇ…」

P「そうですね」

P(こりゃ、暫く穂乃香と東北には行けないだろうなぁ…)

柚「それは今、暇なアタシに対するイヤミかなー?」

喜多見柚(15)


P「いやいや、そういうわけじゃないって。柚だって今まで仕事してたじゃないか」

柚「ま。そうだけどねー」

柚「あ、そうだ。今からバトミントンしよーっ」

P「今から?」

柚「うん。丁度お昼時間だし、Pさん空いてるでしょ?」

P「いや、俺は休みじゃないんだけどさ…」

ちひろ「いいですよ。行ってきてください」

P「いいんですか?」


モバP「そうだ野球に行こう」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/15(土) 10:04:55.64 ID:qmr1Y5cY0

モバマスSSです。

李衣菜「おはようございまーす!」

多田李衣菜(17)


P「おぉ、元気だな。何かいいことあったのか?」

李衣菜「野球って最高にロックですね!」

P「どうかしたか…?」

奏「昨日レッスンが終わって暇そうにしてたから野球に誘ったのよ」

速水奏(17)


P「あ、奏。おはよう」

奏「おはよう。丁度東京出身だったし、沙紀もいたしね」

P「沙紀は神奈川じゃなかったっけ?」

奏「そうなの?それで、一緒に三人で野球を見に行ったのよ」

李衣菜「変化球を投げるのってロックですよね」

奏「……昨日の試合の結果って覚えてるかしら?」

P「昨日の?覚えてないな。巴、知ってるか?」


モバP「野球はいいな!」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/11(火) 00:13:32.07 ID:/9UHH5Nt0

モバマスSSです。

P「さてと…今日は橘さんが来る日か」

P(東京駅まで迎えに行った方がいいかもな)

P「えーと、何時ごろだっけか…」

奏「ねぇ、Pさん」

速水奏(17)


P「お、奏か。どうした?」

奏「やけに機嫌がいい気がしてね。どうかしたの?」

P「あ、いや、今日ウチの事務所を見学に来る子がいるんだよ」

奏「そうなんだ」

P「しかも、遠くから」

奏「新しい子もいいけど、今いる子を蔑ろにしたら愛想尽かしちゃうかもよ…?」

P「あぁ、ごめんごめん。勿論そんなことはするつもりないからさ」

奏「それじゃ、デートしましょ」

P「え?」


モバP「野球なんてどうだ?」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 22:05:03.23 ID:riW2IqWq0

モバマスSSです。

P「さてと…明日は千奈美の家庭訪問か」

千奈美「本当に来るのね」

小室千奈美(19)


P「あぁ。行くぞ」

千奈美「…まぁいいわ。電車よね?」

P「そうだな。東京駅に集合でいいか?」

千奈美「構わないわ。久しぶりに地元に帰るのも悪くないわ」

P「たまには親孝行しろよ?」

千奈美「Pさんには言われたくはないわね。それじゃ、さようなら」

P「あぁ、お疲れ様」


モバP「野球とか好きか?」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 15:32:26.77 ID:pN0EzqaX0

モバマスSSです。

P「なぁ…友紀」

友紀「うん、なに?」

姫川友紀(20)


P「なんで俺達、事務所で野球中継見てるんだろうな」

友紀「野球がやってるからでしょ」

P「俺の記憶だと友紀は休みだと思ったんだが」

友紀「一人で野球見るのは寂しいからね。いいじゃん減るもんじゃないんだし」

P「…巴はどうしたんだ?」

友紀「仕事だってさ」

P「そういや、そうだった」

友紀「だから暇だったんだよね」

P「そういうことか。俺はそろそろ出るからな」

友紀「あれ?どこに行くの?」

P「ちょっと家庭訪問にな」

友紀「あー、そう言えばこの間、巴ちゃんの家に行ってたね」

P「そうそう。あの時は寿命が縮んだなぁ…」


モバP「野球は好きかー?」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/03(金) 20:08:14.97 ID:FkefucR10

モバマスSSです。

友紀「あー、ビールが美味しいねぇっ!」

姫川友紀(20)


P「ちょ、なんでもう飲み始めてるんだよ…」

友紀「いいじゃんさー。ちゃんと残しておくからさ」

P「家主がいない時に飲むなよな本当に」

友紀「まーまー気にしないで。あれ?誰かいるの?」

P「ん?そうだぞ迎えにいったついでに連れて来た」

巴「なんじゃP、われは部屋に女がいるのにうちを連れてきたんか?」

村上巴(13)


友紀「あ、巴ちゃんじゃん。やっほー」

巴「大体なぁ、こげな時間にうちを部屋に連れ込もうなんて若い衆が知ったら…ってなんじゃ姫川さんじゃったんか」

友紀「友紀で良いってー」

巴「それじゃ、友紀さんじゃ。それで寮にも行かずにここに連れてきた理由はなんじゃ?」

P「いや、それはだな…」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。